サルミアッキ

映画「かもめ食堂」の撮影で滞在したフィンランドの日々を綴った
片桐はいりさんのエッセイ「わたしのマトカ」。
その中に登場するフィンランド人が大好きだというお菓子
「SALMIAK(サルミアッキ)」。

気になっていたら、夫がこっそりネットで注文してくれてました。

エッセイによると…

『タイヤとかゴムのホースに塩と砂糖をまぶしてかじったら、もしかしたらこんな味がするのかもしれない。未だかつて味わったことのないまずさだった。』

どんなにまずいのか、と気になっていたくせに
いざ目の前にするとちょっと躊躇^^;

思い切って食べてみると、思ったほどまずくない!

と思ったのもつかの間、じわじわと何とも言えないお味が…。
やっぱりまずい~><

一緒に入っていた伝票に「フィンランドの世界一マズイ飴」って…^^;

コメントは受け付けていません。